カート
ユーザー
絞り込む
種類で選ぶ
用途で選ぶ
コンテンツ
かなやみどりセット
1,620円(税込)
19
購入数

かなやみどりセット

品種「かなやみどり」を、碾茶・抹茶・ほね茶の3茶種で飲み比べができる、貴重なセット

お茶の品種「かなやみどり」を、貴重な抹茶・抹茶の原料「碾茶」・碾茶を作る際に分けた「ほね茶」の3種類で飲み比べができる、数量限定の貴重なセットです。

「抹茶」
『お茶』と言えば煎茶より抹茶を思い浮かべる人も多いくらい、ポピュラーになった、抹茶。
碾茶を石うすなどで粉状にしたものを言います。ティーワークスでは一般販売はせず、カフェのドリンクとして使用していますが、今回「かなやみどりセット」のために特別に販売することにしました。お抹茶として点てていただくのはもちろん、カフェ同様ミルクや砂糖と合わせてラテにしたり、バニラアイスにかけたり、お菓子に使ったり、抹茶塩にしたりと、贅沢に幅広くお楽しみください。

「碾茶」
抹茶の原料となる葉で、煎茶とは少し異なる育て方・作り方をします。抹茶にするためには碾茶を石うすなどで粉状にしますが、そのままでも急須などを使って淹れることができます。80℃くらいで1分ほど。煎茶と異なり製造過程で揉んでいないため、葉は薄く平らで、淹れた際のお茶の色も薄いですが、抹茶を思わせるしっかりとした味わいが新鮮に感じられます。

「ほね茶」
「骨」というのは、抹茶を作る際に出る茎の部分。煎茶であれば「くき茶」・「棒茶」として流通していますが、抹茶自体が煎茶に比べ作られる量は少ないので、この「骨」を見かけることは、一般の方はあまり多くないでしょう。
抹茶特有の甘味や旨味を重視して作られた葉から、茎の部分だけを集めたものなので、その甘さもひと際。そして煎茶と違い渋みが無いため、パンチは弱いともいえるでしょう。
しかし、この甘く、渋みが無い優しい味わいは、「お茶だとちょっと味が強い」「かと言って白湯だと物足りない」そんなときに、あなたの身体に寄り添ってくれる優しさです。
「かなやみどり」のほね茶は、野の花を感じさせるような香りと、くき茶のスッとする香りが特徴。
オススメは4gを90秒ほど。「いつもより気持ち多め」「いつもより気持ち長め」で淹れることが、おいしさのポイントです。
※1セットのみならネコポス可。

商品情報

商品名 かなやみどりセット
原材料名 緑茶
産地 静岡県
内容量 かなやみどり 碾茶30g かなやみどり 抹茶30g かなやみどり ほね茶30g
賞味期限 碾茶・ほね茶12ヶ月 抹茶6ヶ月(未開封の場合に限り)
保存方法 高温多湿を避け、移り香にご注意ください。開封後はお早めにお飲みください。
その他 最適温度 碾茶・抹茶80℃ ほね茶90℃
この商品を購入する