カート
ユーザー
絞り込む
種類で選ぶ
用途で選ぶ
コンテンツ

茶畑オーナー制度について

静岡茶発祥の地・足久保の茶畑のオーナーになりませんか?

「オーナー制度をやろう」その想い

静岡市葵区の山あい、静岡駅から車で約30分、東京ICから高速道路を使って約1時間50分ほどで山里の茶畑にたどり着きます。
オクシズと呼ばれるここ足久保は、約800年の昔、聖一国師(しょういちこくし)がお茶の種をまき、静岡茶の始まりの土地とされています。
そこから時は進み、家康公の駿府城献上茶として栄えた時代、お茶が庶民のものになった時代を経て今に至ります。
山深く、安倍川にそそぐ足久保川を抱くこの土地は、山々で1日の日照時間が平地と比べて短く、川から霧が立ち昇るときは直射日光がさえぎられ、お茶の葉には程よい湿度がもたらされます。そのおかげでこの土地は、昔から美味しいお茶ができる土地として栄えてきました。


しかし、全国の茶産地・農家が抱える問題同様、この地にも高齢化や担い手不足により、茶畑がひとつ、またひとつと、その手入れをする人を減らしてきています。 足久保のお茶は、傾斜地の茶畑が多くあります。
傾斜のおかげで水はけがよく、おいしいお茶ができるのですが、一方で大型機械は入りにくく、多くの作業は人の手で行われます。
私達足久保ティーワークスは組合なので、地域の茶畑を共同で管理しています。高齢となっても元気な方はご自身の力と経験でおいしいお茶を作っていますが、手助けが必要な茶畑には、若手農家がサポートをして、足久保のお茶と、この茶畑を守っています。

「オーナー制度をやろう」その想い

しかしながら、近年茶畑を手放すスピード、担い手の減少がますます増え、サポートする若手農家の力も及ばない状況になってきました。「お茶は続けたい。でもできない。」そんな声が、静岡茶発祥の地でも大きくなってきてしまったのです。
このような背景の中、今後も地域の基幹産業として持続可能なお茶生産を続けるために、直接消費者とつながる手段もいくつか必要であると考えた私たちは「足久保ティーワークスのお茶のファンづくり」に取り組むことにしました。
その手段の具体策として『足久保ティーワークス・茶畑オーナー制度』を実施するに至りました。
今まで「モノ売り」としてお茶を売るために小売りやカフェなどいろいろな取り組みをやってきましたが、今回は、組合として「コト売り」に挑戦します。新たな取り組みに組合員一同ワクワクしています。
私たちと一緒に楽しんでいただけるオーナー様との出会いを願っております。

オーナー専用 茶畑について

ティーワークスには、個人の農家さんの管理する茶畑と、ティーワークス全体で管理・所有している茶畑とがあります。後者の茶畑から、オーナー制度にふさわしい茶畑を2ヶ所を選定いたしました。

山あいの茶畑

一つはティーワークスから車で5分・徒歩20分ほどの「山あいの茶畑」
周囲を山に挟まれたこの場所は、日照時間が短くおいしいお茶ができる好条件の場所。山の中腹からふもとまで茶畑が広がります。土地を拓き、沢の流れを変え、防霜ファンの柱を立てて、お茶が育つ環境を整えた場所です。
「やぶきた」の広がる茶畑のふもとには、「香駿」が育つ、ティーワークスのこれまでを支えてきたお茶とこれからの挑戦を支えていくお茶が同居しており、これからのティーワークスを象徴するような畑です。
今年度のオーナー制度は、こちらの「山あいの茶畑」から、オーナーさんの畑として配置させていただく予定です。

見晴らしの茶畑

もう一つは、工場からも見える「見晴らしの茶畑」
傾斜のある山肌の上から下まで茶の木を植えたこの場所は、見る場所ごとの特別な景色があります。山道からすぐは、茶畑全体の傾斜が良く見渡せ、すり鉢状になった土地であることが良く分かります。上まで登ると、ティーワークス周辺までこの辺りの山里が見渡せます。
品種も「やぶきた」だけでなく、山頂付近には「さえみどり」、山道からすぐには「山の息吹」があり、これからも改植を行い、品種を増やす予定です。土壌の許す限りお茶の木を植えたこの土地は、拓いた人々の苦労と希望が垣間見える茶畑です。
非常に傾斜が急なため、登山道の整備を進めている他、この茶畑を楽しんでいただける設備の準備を進めております。


ティーワークスとしても、魅力あるこの茶畑を知っていただき、皆さんと一緒にこの先も伝えていける場所にしたく、この2か所を選びました。
これらの畑から、1畝(うね。お茶の木が並んでいる1列を1畝と数える)につき5〜10人にオーナーとなっていただくことができます。(畝の長さなどによって人数は異なります)
オーナーとして出資していただいたお金は、茶園管理の経費に加えさせていただきます。
また、オーナー様にはお礼として、いくつかの特典をご用意しました。

オーナー特典

1.オーナー認定証の発行

オーナー様認定証

オーナー様には認定証を発行させていただきます。

2.オーナーとしてお名前を掲示

オーナー様お名前プレート

オーナー様にはお名前札をご用意し、オーナー制度対象茶園の入口に茶畑全体の見取り図看板とお名前札を設置いたします。お名前札は各オーナー様のお名前(名字+下のお名前の一文字目)を掲示させていただきます。
また、札のサイズは40mm×120mm程の大きさを予定しております。
※掲示するお名前は、スペースの都合上、原則「ご名字+下のお名前の一文字目」となります。(例「静岡太郎」様は「静岡 太」様)
(各畝での掲示は、摘採などの作業上困難になるため、ございません。この茶畑入り口での掲示となります。なお、表記のお名前にご希望がある方は、お申し込み時備考欄にご記入下さい。)

3.年4回、コースごとのお茶をお届け

春夏秋冬、年4回、お茶をお送りします。Aコースは「季節のお茶コース」。その季節に美味しいお茶を。
Bコースは「品種茶コース」。年間を通じて様々な品種のお茶をお送りします。お好きなコースをお選びください。

A

Aコース「季節のお茶コース」

B

Bコース「品種茶コース」

※画像はイメージです。実際の商品とはパッケージ等変更になる場合もあります。

4.茶摘み体験などの体験プログラムを、オーナー特別価格で

新茶時期には、毎年お茶摘み体験を企画しております。ご希望の方には、一般の方より割安でご参加いただけます。自ら茶摘み体験を行っていただき、よりお茶を身近に感じていただける経験になると思います。

茶摘み体験
茶摘み体験

オーナー制度概要

オーナー期間 ご契約日から年4回の茶葉お届け終了まで。
申し込み金額 18,000円(税込)(※お一人様ひと口まで)
特典
  1. オーナー認定証の発行
  2. 対象茶畑の入口にお名前札の設置
  3. 年4回お茶のお届け

    Aコース(季節のお茶コース)

    ・春(GW頃)
    オーナー制度対象の茶園の煎茶100g、薫風(オススメの上級煎茶)100g
    ・夏(7月中旬)
    緑風(普段使いのお茶)100g×3本、水出し煎茶ティーバッグ×2本
    ・秋(10月後半)
    オーナー制度茶畑の熟成茶100g
    ・冬(1月後半)
    和紅茶80g×2本、和紅茶ティーバッグ×2本
    ※天候や収穫状況により内容がことなる場合があります。

    Bコース(品種のお茶コース)

    ・春(GW頃)
    オーナー制度対象の茶園の煎茶100g、さえみどり80g
    ・夏(7月中旬)
    おくみどり80g、おくひかり80g
    ・秋(10月後半)
    香駿80g、オーナー制度茶畑の熟成茶100g
    ・冬(1月後半)
    蒼風80g、いなぐち80g
    ※天候や収穫状況により内容がことなる場合があります。

  4. 茶摘み体験や飲み比べ体験など、体験プログラムの割引
  5. オーナー制度対象茶園のお茶を、5月中旬〜下旬にかけ発送
  6. オーナー会報誌とオリジナルポストカード2枚をお届け

この先、10年後、20年後だけでなく、これから先も、おいしいお茶を、みんなが飲めるように。
みなさんのご参加を、心よりお待ちしています。

オーナー制度対象茶園

オーナー制度対象茶園

注意事項等

  • オーナー制度対象茶畑は、管理の都合も含めて当社で配置決めをさせていただきます。
    お客様から場所のご指定はできませんので、ご了承ください。
  • 茶畑の管理は、組合員が責任をもって年間の管理をさせていただきます。
  • 2021年度の契約は日本国内在住の方に限らせていただきます。
  • 契約は1年単位となり、3月にご契約、翌年2月までとなります。
    翌年のご継続確認につきましては、冬のお茶発送時にお知らせをお送りいたします。
  • オンラインショップでの申込みの場合は、クレジットカード・郵便振込でのお支払い方法をご利用いただけますが、分割払いに対しては、対応いたしかねますのでご了承ください。
  • [中途契約の場合]
    中途契約の場合でも、それまでに出来ているお茶をまとめてお送りいたしますため、申し込み金額に割引などはございません。
  • [途中解約の場合]
    途中解約の場合でも、年4回分のお茶を最後までお送りいたしますので、ご返金等の対応はいたしかねますのでご了承ください。
  • 今後、ホームページやInstagramにオーナーさんをご紹介するページをご用意する予定です。
    よろしければご協力ください。(ご自身のプロフィール、写真や動画などでご紹介する予定です)
来年度お申し込みは2022年3月予定!